中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月20日 キャリアアップ留学授業

こんにちは、上海事務所の薛怡雯です。
5月20日に復旦大学で行われたキャリアアップ留学の中国事情の授業について紹介させていただきます。
今回の授業のテーマは「中国農民画について」で、担当の先生は上海乃良文化传播有限公司の董事・総経理である陽世奇先生です。楊先生は中国の歴史に大きく影響を受けてきた中国農民画の歴史的背景から現在の農民画の状況について絵を見せながらはなしてくださいました。
「写真1」
写真1

中国農民画は文字道理に中国の農民たちによって描かれた絵です。農民画の最初できたところの江蘇をはじめ、陕西、吉林、福建、青海、ウイグル、山東、上海など、全中国幅広く農民画が描かれています。地域によって、色遣いや絵の全体の雰囲気も違ってきます。画家は皆農民で、50代から60代の方が多く、中に96歳の女性の方もいらっしゃるそうです。
スライドに映している農民画はどれも想像力に富んでいて、誇張的で大胆なデザインと構図です。それを見せながら、楊先生はそれらのやや抽象的な絵を面白く説明してくださいました。
まず、農民画のテーマについては、地域によらず、ほとんど生活が豊かになりたいという貧しい農民たちの願望が入っています。たとえば、トラックで運ぶ巨大なトウモロコシの絵、豊作の時、踊ったりしている人々の絵、家族愛いっぱいの晩餐会などがあります。つまり、農民画は農民たちの夢と理想を実体化したものだと思います。
「写真2」
写真2

そして、お祭りなど目出度いことばかりではなく、賄賂や汚職など世間の悪い風習を皮肉る絵などもありました。農民画は農民の目に映る世間像を表しているからこそ、農民しか書けないものです。しかし、最近では、農民ではない人が描いた偽造な農民画が増えてきてしまっているそうです。
最後に、楊先生は農民画の現状と今後の行き先について、芸術化から商品化への堕落、量産化による絵の品質の低下、政府の応援が得なくなることなどの懸念を示しました。このような素晴らしい芸術は何とか生き続けてほしいという楊先生の願いがしみじみと感じました。
楊先生からのお土産の農民画の絵葉書を手に、喜んでいるキャリアの皆さんにもぜひ中国農民画を応援してもらいたいものです。
「写真3」お土産の絵葉書とカード

写真3

スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2010/05/24(月) 17:36:24|
  2. 授業内容の紹介
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

キャリアアップ太極拳

 今日の昼頃はいい天気でした!午後1時半からキャリアアップ留学生の皆さんと一緒に太極拳の授業をしました。

 久々の太陽と久々の芝草、急に自分の母校を思い出しました!一瞬に学生時代に戻りましたようなきがしました。

 「太極拳」というと「お年寄りの健康体操」というイメージを持たれる方も多いようですが、実は太極拳は、中国の皇帝も身につけていたという「歴史と伝統ある武術」なのです。
太極拳は、心とからだを芯から癒します。太極拳は、気血の流れをよくし、五臓六腑全体の機能を高め、体内バランスを理想的な状態に保ち、 肩こり・腰痛・ストレス解消・集中力アップなどに大きな力を発揮します。
 覚えてしまえば、いつでもどこでもひとりでできる太極拳。ゆったりとした動きは、忙しい日常から解放してくれ、カラダの芯からリラックス。新たなエネルギーを与えてくれます。一度身につけられれば、あなたの一生の財産となることでしょう。

 というわけ、せっかく中国へ留学にきたキャリアアップの学生さんたちに太極拳の実際なやり方をおしえたいため、復旦大学体育教育部の中国武術教師――史先生から授業を受けさせていただきました。

 中国人としての私も太極拳の二十四式を全部見たことありませんが、今日見たらやっぱり太極拳の打ち方は遅いです。ゆっくり、ゆっくり打つ拳ですので、心を沈まなければなりません。少しヨガと似ています。体の内筋肉と関節周りの筋肉をつくための武術です。

 学生さんも一生懸命練習しました。
太極拳1

 実際にすると、太極拳はゆっくり打つ拳でも、本当は疲れます。
太極拳2

 もうちょっと頑張ります。
太極拳3

 大変疲れましたが、皆さんはよく頑張りました。
太極拳4



 授業の最後、先生は実際の生活に太極拳の活用もちょっと教えました。太極拳を使って、どうやって危険な状態で、逆にその危険な部分を利用し敵を倒す方法も実際に学生さんたちと練習しました。男の学生さんたちには大変興味深い練習でした。「映画のシーンではなく、実際にその転んだ意味を分かったような感じした。」と学生さんたちがいいました。
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/10/30(金) 17:29:14|
  2. 授業内容の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見送り

こんにちは、上海事務所の齋藤です。

8月2日に上海に来た関西大学の学生さんも昨日(8月26日)北京へ出発しました。

出発前に、スタッフみんなでお見送りをしました。

もうお別れなんてさびしいです(>_<)

DSCN4955.jpg
学生さんからスタッフにプレゼントと手紙をいただきました!!
ありがとうございます!!
DSCN4957.jpg
最後に記念撮影♪
DSCN4958.jpg
元気でね!!
DSCN4959.jpg
さよなら!!
DSCN4961.jpg
上海では、中国語を勉強したり、中国茶を入れたり、周庄に行ったり、
皮から餃子を作ったりと、たくさん思い出ができましたね(≧∇≦)

北京でもいい思い出をたくさん作ってください!!

再見!!
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2009/08/28(金) 15:36:08|
  2. 授業内容の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆中国茶講座☆

こんにちは。上海事務所の渡辺です。

前回のブログで関西大学短期留学生のみなさんとヤクルト工場へ行った記事を書きましたが、
その数日前(8月11日)に中国茶の講座も行いましたのでご報告します。

今回は上海のおしゃれスポットである田子坊にて店を構えている「臻茶林」のオーナーである渡辺さまと茶芸師である梁珂さまにお越しいただいて中国茶の講義と実演をしていただきました。

写真1:茶芸師:梁さん

↑とてもかわいい茶芸師の梁珂さんです。

写真2:お茶授業風景

かわいい梁珂先生の中国語をどれだけ聞き取れたかな?

写真3:助っ人オーナー渡辺さん

オール中国語ではちょっと難しかったようなので途中でオーナーの渡辺さんが助け舟を出しました。

写真4:緑茶

中国茶の種類など基本的なことを学んだあとは梁先生に中国茶の実演をしていただきました。
まずは杭州名産の緑茶である「龍井」を淹れていただきました。

写真5:緑茶(学生)

先生の淹れたお茶を飲んでいるだけでは勉強になりませんね。
学生さんにもお茶を淹れて頂きました。
見ていると簡単そうですが実際やってみるとなかなか難しいそうですね。

1

先生の淹れたお茶と味が違う飲み比べしてみました。

感想を聞いたところ、
「先生のよりちょっと苦味が強いかな」とのこと。
先生曰く「緑茶はデリケートなお茶なためすばやく淹れないと渋みが出る」とのこと。
淹れる人によって味が全然変わるのですね。

写真7:紅茶

緑茶の次は紅茶と
写真8:鉄管音

烏龍茶である鉄観音を淹れて頂きました。
鉄観音ではお茶の香りを楽しむための湯飲み(細長い方)と、味を楽しむための湯飲み(丸い方)と2種類あります。
鉄観音はとても香りがよく、色も茶色ではなく緑茶に近い黄色で私は鉄観音を飲んで烏龍茶のイメージが変わりました。

写真9:ミルク烏龍茶

最後はミルク烏龍茶を淹れて頂きました。
烏龍茶なのにミルクの風味がほんのりしてなんだかとても不思議なお茶でした。

そして学生さんにも淹れて頂きました。
写真10:ミルク烏龍茶(学生)

小さな急須ですが片手で蓋を落とさずに持つのが以外にも大変したね。


写真11:集合写真

最後に全員で記念の集合写真を撮りました。
みなさん、日本のお茶と中国茶の違いについてしっかり理解できましたか?
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/08/20(木) 12:48:50|
  2. 授業内容の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さんは「BCT」をご存知ですか

 皆さん、こんにちは、東京事務所の費です。
 ところで、皆さんはBCTって聞いたことがありますか。
 
 実は、BCT(Business Chinese Test)とはビジネス中国語テストのことです。
 BCTは、中国語の"TOEIC"(米国英語検定)ともいわれ、世界的にはシンガポール、韓国などで実施されて注目を集めている語学の国家専門資格です。ヒアリング・読解力、作文の二つの試験をします。ヒアリング・読解力の試験結果と、作文の試験結果によって、二つの級の認定審査をし、中国政府から個別の正規認定証を授与いたします。
 今度の試験は12月22日に開催しますので、興味がある方は下のページをご参考ください。

 http://www.sg-vn.com/press191129.htm
 
 皆さんの中国語勉強に応援します!(^^)
  [PR] 台湾師範大留学

テーマ:語学・国際交流 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/06(木) 17:11:54|
  2. 授業内容の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。