中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大連の夏

こんにちは、大連事務所の于萍(ウヘイ)です。

今日は大連の夏の観光地を紹介しようと思います。

大連は全国でも有名な観光都市です。7月に入ると、道路で走っている観光バスはたくさん見えます。海も近いし、空気もきれいだし、本当に住みやすい都市です。
clip_image002.gif
clip_image003.gif
clip_image004.gif
clip_image005.gif
いかがでしょうか?写真を見ると涼しくなるでしょうか?大連はこのような景色いい都会です。
機会があればぜひ大連にいらっしゃってくださいませ。


スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2009/07/23(木) 17:25:27|
  2. 中国のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆既日食@上海

こんにちは。昨日から自転車通勤を始めた上海事務所の渡辺です。

卒業する学生さんより格安で自転車を譲ってもらいました^ ^
Yさん、いろいろと譲っていただきありがとうございます。

上海スタッフから

「留学生じゃないんだからいろいろともらわないでくださいよ」

と言われちゃいました(笑)

上海に来ても貧乏性&もったいない病は治りません(汗)

さて、タイトルの「皆既日食」について
上海にいる者としてブログを更新しなくてはと義務感にかられがんばって書いております。。。

「日食」
簡単に言うと月が太陽と地球の間に来て太陽が隠されてしまうこと。
と説明しなくてもみなさん、分かっていますね。

昨日の夜からこちら現地の”電視”(テレビ)では特集が組まれており、
今朝も朝から各地をつないで実況中継をしておりました。

上海では8時23分(北京時間)に日食が始まったそうです。
なぜ「そうです」としか言えないのか。

なぜなら日食が始まる10分ほど前から上海では大雨が降り出し、空が厚い雲に覆われて太陽が見えなかったのです(滝涙)

朝からとても天気が悪かったのですが日食を待っていたかのように降り出したあの大雨。
これほど雨が憎いと思ったことはないですね。

そして9時半過ぎから徐々に暗くなり9時36分、皆既日食になったときの上海はまるで夜のように真っ暗でした。

どれくらい真っ暗かといいますと9時40分で↓これほどの暗さです。
皆既日食
これは我が家のベランダからの写真ですが、皆既日食中は”小区内”の街灯が点灯されていました。

夜のように真っ暗だったのは5分程度だったでしょうか。
徐々に明るくなり、先ほどの曇り空に戻りました。

上海周辺で皆既日食が観測されたのが434年前、
次回、観測できるのが300年後。

今年上海に赴任し、世紀の一瞬に立ち会うことができたことは本当に運がよかったなとしみじみ感じています。

私は幸せものだなぁ(笑)
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/22(水) 18:44:26|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現地事務所では何をしているか

こんにちは。上海事務所の渡辺です。

突然ですが当社「日中文化交流センター」は東京、上海、北京、大連、広州にオフィスがあります。

日本のオフィスである東京事務所では中国留学説明会やカウンセリングなど
このブログでもいろいろと情報を掲載しているのでどんなことをしているのかなんとなくお分かりいただけているかと思いますが、

「現地事務所はいったい何をしているのか?」

と疑問をお持ちの皆様に私の引越し日記を一時中断し
本日は現地事務所のお仕事の一部をご紹介したいと思います。

現在当社では日本人の方が中国へ留学する「中国留学事業」と
中国人の方が日本へ留学する「日本留学事業」があります。

私は上海事務所にて中国留学事業の日本人受け入れ担当をしています。
今回は私が所属している上海事務所の日本人受け入れ担当(来華項目部)の仕事にクローズアップしていきましょう。


まず一番の大きな仕事は「現地サポート」に加入していただいている学生さんのサポートです。

具体的には
・空港へのお出迎え
・入寮手続き
・大学への入学手続き
・ビザ更新サポート
・銀行口座開設
・大学周辺案内
・24時間緊急対応
など留学生のみなさんが快適にそして中国留学を通して自立できるようなサポートをしております。

今、私はこうしてスタッフブログを書いておりますが、
わがチームのスタッフ:周は最高気温37度のこの炎天下の中、
学生さんと一緒に入国管理局へ行きビザの手続きを行っています。

また別のスタッフである李は月曜日に外部マンションに住んでいた学生さんの退出手続きに同行し、
大家さんと5時間も交渉をしていました。

中国語がまだ完璧でない状態でこうした正式な手続きや交渉事はやはりちょっと不安ですね。
(留学経験がありこちらに住んでいる私でさえ未だに緊張します)

また24時間対応できるようスタッフ持ち回りで緊急用携帯を持っております。

最近体力をつけるために上海事務所のすぐそばにある復旦大学内をランニングしているのですが、
もちろんランニングパンツの後ろポッケに緊急用携帯を入れて走っていました。
夜寝るときはもちろん枕元に置いてます(PV携帯は電源OFFですが・笑)


みなさん、私たちが普段どんなことをしているかお分かりいただけましたでしょうか?
本日ご紹介したのは私たち現地スタッフのお仕事のほんの一部です。
また機会を見てご紹介したいと思います。


ではまた。
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/17(金) 15:44:19|
  2. 仕事・会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国での引越し②:引越し当日(前編)

こんにちは。上海事務所の渡辺です。

私のシリーズものはいつも間隔が空き過ぎるので今回はがんばって書きます。



さて、部屋もようやく決まり、荷造り開始。
中国の部屋は家具が備え付けられているため荷造りもそれほど大変ではありません。
(そもそも3ヶ月しか住んでいないのでそれほど荷物もなく、私の荷造りは5時間で終わりました)

荷物がそれほど多くなかった私は引越し業者に頼まず、車を持っている友人に手伝ってもらいました。

布団などちょっと大きめの荷物もまとめてすべて乗用車一台で納まるほどの荷物しかありませんでした。
(いつでも夜逃げできる量ですね・笑)

新居の鍵は契約時にすでにもらっていました。

鍵は3種類あり
1、マンション1Fのオートロックのかぎ
2、郵便受けのかぎ
3、自分の部屋のかぎ

このうち2,3は契約当日にきちんと試して問題がないか確認をしました。


そしてその鍵を持って新居のマンションへ到着。

1Fのオートロックのドア
オートロックの扉
を開けようと鍵を差し込み回してみるが

・・・・

鍵が開かないではないか!!

何度チャレンジしても開かず、仕方なく大家さんへ電話。

大家さん「左へ回すのよ」

以上。


大家さん、左どころか右にも鍵が回りません(滝涙)

10分程がんばったでしょうか。

これ以上がんばると鍵が折れそう(&私の手が折れそう)なので、
今度は不動産会社へ電話したらすぐに来てくれることに。

不動産屋さんを待っている間にちょうど管理人さんが通ったので鍵を開けてもらえないか試したところ、管理人さんでも開かず。。。

そんなことをしていたら不動産屋さんが到着。

不動産屋さんもがんばって開けてみるがやはりダメ。。。

かれこれ30分は奮闘したでしょうか。

1Fのオートロックの扉が開かなければ自分の部屋どころかマンションにすら入れない。


かなりの窮地です。ピンチです。どうしましょう!


と、1人で頭を抱えていたら

「カチャ」という音が!!

不動産屋さん「502号室の人に開けてもらったよ」
(私の部屋503号室)

なぜもっと早くにそれに気付かなかったのだろう。。。


ひとまず第一関門突破です。

6F建てエレベーターなしの5Fに引っ越す私。

引越し日の6月30日は湿度も気温もとても高く力持ちの友人もヘロヘロ状態。

2人で荷物を5Fまで運ぶのは無理!

ということでマンション内を掃除しているおじさん2人を見つけ、1人20元を渡して重い荷物を5Fまで運んでもらいました。

まさか1Fのオートロックの鍵が開けられない事態になるなんて思いもしませんでした。

その後、かなり疲れていた私は片付けそっちのけでまず昼寝。

2時間ほど寝たでしょうか。

夕方涼しくなってから片付け開始。

まだ片付けが終わっていないがお腹が空いたので夕飯を食べるべく一旦外出。

帰宅し、またあのオートロックと格闘。

そしてまたもや撃沈。。。なぜ開かない。。。

今度は501号室を押して扉を開けてもらいました。

毎日隣近所の人に扉を開けてもらっていたら怪しまれるし、何より大迷惑。

その日のうちに大家へ連絡し、合鍵を作ってもらうことにしました。

教訓:
みなさん、もらった鍵は全て一度確認をしましょう。


この続きはまた次回(何回まで続くかしら?) [PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/14(火) 19:24:10|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大連事務所の交流会

こんにちは、大連事務所の于萍です。

先週土曜日(7月4日)大連事務所スタッフたちは音楽バーで日本留学生達と交流パーテーを行いました。とても楽しかったです^^
留学生達は日中文化交流センターに紹介して大連の大学に入ったんです。現地サポートを経ていま大連の生活にだんだん慣れてきています。
普段は学校の先生と友達しか会えないですので、交流パーテーしろうと費さんから提案して、みんなは喜んで参加していただきました。

音楽バーがある建物の外見は一戸建てですけど、内部は四階もありますよ。みんなは興味深々で見学しました。座ってから自分紹介です。留学生達は中国語で、スタッフは日本語で、両方とも勉強になりますよね。それで軽食しながら、勉強経験と生活体験などいろいろしゃべりました。
私たちは留学生が四カ月だけでこんなにうまく喋られるのに感嘆しました。外国語を勉強するなんてやはりその国に行って習った方が効果いいなあと思います。

残念なのは写真を取らなかったです><。次回ちゃんと取ります。

次回に楽しみ待っています:) [PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/08(水) 16:51:42|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お楽しみに!■□中国留学フェア□■

大家好!石原ですキラキラ(ピンク)

今回は中国留学フェアのご紹介をします。

何ができるかというと、
中国各地の大学より中国語の先生が来日し、大学情報を直接収集できます。その他にも、スペシャルゲストをお招きする?プレゼントを差し上げるのはどう?
などなど、中国気分満点で皆様が1日楽しく過ごせるイベントを計画中です!
http://www.japan-china.org/fair/

「中国留学フェアでこんなことがあったら行きたいです!」というリクエストをおもちでしたら
是非ぜひコメントにリクエストしてくださいね^^

こちらにも遊びに来てくださいどっかで見たことある気がする生き物3
www.japan-china.org
それでは、再見~Brilliant
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/08(水) 14:41:43|
  2. イベント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国での引越し①:部屋探し

こんにちは。
上海事務所勤務の留学カウンセラー:渡辺です。

上海に赴任してからすでに3ヶ月が経ちました。
あまりの変化についていけずまだまだ頭の中が混乱状態ですが、
こちらでは素敵な友人たちにも出会え、ようやく上海生活を楽しめるようになってきました。

さて、そんな上海生活を楽しんでいる留学カウンセラーより中国での引越しについて少しお話したいと思います。

留学生の中には留学生寮を出て1人暮らしする学生さんもいますね。
これから留学する方で1人暮らししたいなと考えている人もいるかと思い、
参考までに我が実体験をお伝えいたします。

先週、3ヶ月間住んだマンションを引っ越しました。
川沿いのマンションでしたが暑くなるにつれ川の臭いがきつくなり耐えられずに。。。
3月末に部屋を見た際、不動産屋の担当者より
「来年万博もあるし、川をきれいにしているから臭くないよ」と言った言葉を信じた私がバカだった。。。

確かに川の掃除はされていました↓
川そうじ

しかし「いくら掃除をしてもなぜきれいにならないんだ?」と思っていたころ、
川に流れる水の音が。。。

窓から外をのぞくとなんとマンションから生活廃水が川へ垂れ流されているではないですか!
川へ垂れ流し
しかも自分の住んでいるマンションから。。。

そして引越しを決意!

6月末まで家賃を支払ってあるのでそれまでに新居を探さねばと6月初旬から不動産屋めぐりを開始。

3,4件ほど回ったでしょうか。

どの不動産屋へ行っても
「6月末引越しならまだ部屋探すの早いよ。20日ごろにまた来なさい。」と。

その理由は↓
部屋が決まったらすぐに契約し家賃を支払わないと大家が違う人に貸してしまうそうです。

そんなギリギリでいいのか?!

と思いながらも半月が過ぎ、6月中旬より本格的に部屋探しを開始。

7.8件ほど見学するもなかなかいい部屋が見つからずに時間だけが過ぎ、

「このままでは宿無しになってしまう?」という不安がどんどん大きくなっていったある日。

書斎つきの素敵な部屋を発見!

6F建てマンションの5F(中国は6Fまではエレベーターなし)で眺めもいいという事でこの部屋に決めたのが6月26日。
6月27日に不動産屋へ手付金を支払い
6月28日大家さんと契約
6月29日引越し。

なんてタイトでなんてギリギリなスケジュールなんでしょう。

部屋探しはとても大変でしたが妥協せずに根気良く探せばきっとお気に入りの部屋が見つかります。
とくに注意したほうがよいのはドアと窓の隙間のチェック。
古い建物は隙間がありチリどころかおおきな埃が堂々と室内に侵入してきます。

もう一つは言うまでもなく安全面。
こちらのマンションではほとんどが入り口に24時間管理人がおりますが、
やる気のない管理人さんは夜になると寝ていたり、どこかに行っていなかったり(前のマンションがそうでした)
新しいマンションは比較的しっかり管理されているので安全かと思います。

そして最後にもう一つ、お水のチェック。
古い建物だと水道管が錆びており、毎朝起きて蛇口をひねると赤い錆びた水が。。。
(前の家がそうでした)
しばらく出しっぱなしにしておけばきれいなお水になるのですが、
そのお水も錆び臭く歯磨きですらこの水でしたくないほど。

みなさんも中国で引越しする際は日本にいるとき以上に念入りに確認をしましょう。



引越しまでちょっとハードスケジュールで大変でしたが本当に大変なのはこれからでした。

この続きは次回へ。 [PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/06(月) 13:21:59|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国のつめた~いおやつ^ ^

大家好!
東京事務所の石原ですアップロードファイル

とても暑いです~(泣)
涼しいところに行きたい~

中国にはおいしい料理がたくさんあります。
もちろん、お菓子もです。
私はお菓子の中でもアイスが好きなのですが、
中国はアイスが1元くらいなので最高でした!

コンビニのジュースコーナー
日本よりもかわいいです
飲み物

アイス
この右側の、女性の写真が印刷されているものが大好きでした。
中に冷たく冷えたチョコレートが入ってるんです。
アイス1


右上の茶色いパッケージの「マグナム」
これは確か5元くらいするのですがおいしいんです。
チョコレート味ですよ
アイス2


真ん中のネスレのコーンタイプのアイスもおすすめです。
アイス3

東京事務所スタッフで人気だったのはやっぱり「氷工場」
ガリガリ君よりもフルーツの味が濃くてジューシーなのが人気の理由ですね
氷工場

私はアイスが大好きでしたが、みなさんも中国で好きな物を探してみてください!

これからも日中文化交流センターのスタッフブログを宜しくお願しますアイス
こちらもぜひ遊びにきてください^^
www.japan-china.org [PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/07/03(金) 17:50:26|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。