中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ今、中国留学なのか?

こんにちは、東京事務所の伊藤です。
初めてのブログ登場です。

さて、最近の中国留学の動向ですが、昨年よりつづく食品の安全性の問題など中国バッシングの影響で伸び悩んでいるようです。最近5年間で見ても、SRASや反日デモの影響で一時的に留学や旅行が落ち込んだ時期がありました。
ただし、中国の経済発展はその間も勢いを増していて、世界のなかでの中国のポジションは益々大きなものになってきています。

確かに、SARSなど直接的に生命の危険に及ぶようなときは渡航を自粛するべきだと思います。ところが今回の中国バッシングのようなときは、敢て中国に乗り込み現地で何が起きているのか、どのような状況なのかを自分の目で見て感じてくることは重要だと思います。

しかも、中国はオリンピックを控えて今が一番上り調子なときです。日本も東京オリンピックを境にして社会の様子は随分と変わりました。今、オリンピック前の中国の社会を肌で感じることができる最後のチャンスなのです!

もちろん、食品安全性などは自分を気をつけなければいけませんが、それは他の東南アジアの国でもアメリカでも同じことです。

自分の強みをつけるときに、皆が敬遠しているときに敢て乗り込むというのはこれからの就職にも、ビジネスでの経験にも役に立つと思います。

こんな時期だからこそ、今中国留学を考えてみてはいかがでしょうか!





スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

  1. 2007/12/11(火) 10:49:20|
  2. 留学の傾向
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

百聞不如一見。

その通りだと思います。

私が留学していた2005年は反日デモがあり、
日本では連日のように報道されていたようですが、
現地にいた私たちは特に被害に遭うことはありませんでした。
もちろん、デモのあった領事部付近は日本食レストランの窓ガラスが割られるなど被害ありましたが、ひとつとなりの街では普段と何も変わらない日常が送られていました。

私が通っていた復旦大学では中国人学生へ
そのようなデモに参加しないように通達も出されました。

報道は事実ですが、それが全てではありません。

中国留学をした一人の日本人として
本当の中国をもっとたくさんの方に知っていただきたいと切に願います。

  1. 2007/12/11(火) 11:11:59 |
  2. URL |
  3. ジャスミン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/12-b4ca937e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。