中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

短期間で経済的に充実した「留学」を楽しむためのポイント 2日目

中級篇:予算をたてる

参加費はこれぐらいで、あとどれぐらいもっていけばいいのかを計算する作業が必要となってきます。そのため、参加費の中になにが含まれているのかをチェックしないといけませんね。

大概のコースには、航空券、宿泊、授業料が含まれています。良心的なところは空港送迎もしてくれる(オプションになっているところもあるので要注意)。と言う事は、あと食事代があれば、とりあえずやっていけますね。

中国の物価が安いのは皆さんご存知だと思いますが、初めての方ですと、金銭感覚がないかと思いますが、大体1元=50円の感覚で使っていけばほぼ問題ありません(実際のレートは1元=16円前後)。この計算で行くと、ラーメン一杯で8元だと400円ぐらいの感覚ですね。実際は128円。「やすっ!!」と思う前に「スターバックス」に行ったら、「本日のコーヒーToll」で注文すると、28元請求されます、先の金銭感覚で計算してみると28×50=1400円。びっくり仰天。中国の外資系飲食店は高い。せっかく中国行ってるだから、存分に中国を楽しもう。一日150元があれば、十分中国の飲食文化を楽しめると思いますよ。期間にあわせて、予算に入れましょう。

食べて飲んで、勉強できて、寝れる。あとはいかに留学生活を楽しむかですね。観光地の入場券は平均一箇所1000円前後、京劇や雑技、カンフーなどの鑑賞券は平均1500円。電車やバスを利用すれば、一日の交通費は1000円以内に納められるでしょう。タクシー料金はキロ30円、グループ活動でしたら、タクシーがおすすめ。

あとは、お父さんへのお土産の高級筆250元、お母さんにチャイナドレスを200元、友達とバーストリートでのカクテル、プライスレス(なんかのコマーシャルに似てますね)

なんたか複雑、短期留学って。情報収集や事前準備が一つの楽しみと言う方以外は、分かりやすいコースのほうがいいですね。航空券、宿泊、授業料などはもちろん、食事、移動費、入場券まで入っていればかなり楽ですね。

それでは、一旦CM行きます。参加費にすべてが入っている「翔飛中国」

明日は、上級篇、留学をイメージする。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:語学・国際交流 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/12(水) 11:40:10|
  2. 留学アドバイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/16-4855f5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。