中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「在校生に聞く!」~長期留学ってどう?~

こんにちは。
自分の家の住所も書き間違えるほどテンパっている東京事務所の渡辺です。
余裕なさすぎですね(汗)

さて今回は私が出張で現在留学している学生さんに
インタビューしてきた記事をお届けしたいと思います。

前回4月に栗川が出張でインタビューを始めた「在校生に聞く」シリーズですが、
今回は私、渡辺がこの9月に東華大学へ
漢語進修生として留学をしたばかりの野田信貴子さんにお話を伺ってきました。


東華大学野田さん写真
野田信貴子さん プロフィール
1975年生33歳。東京都在住。
勤務していた証券会社を退職しての中国留学。
2008年9月から東華大学へ留学中。


Q社会人で会社を辞めての留学。その理由と決意は?
大学卒業し同じ会社に7年働き、次の会社では一年少々働いたのですが環境になれず常に辞めたいなと思っていました。そこで思えば最初の転職でまったく休みもなく働き始めたのを思い出し、少しゆっくりしていなと思ったので以前勉強していた中国語をまた始めようと思いました。


Q東華大学に決めた理由は?
当初他社エージェント会社で行っている民間語学スクールとかなり迷ったのですが、留学するなら中国人学生も勉強している大学で学ぼうと思い決めました。東華大学に決めたのは申し込みの時期が遅かったので、まだ申し込み期限内の大学だったためです(笑)


Q申込時期が遅かったため選択肢が少なかったですが、その東華大学で既に授業を受けてみての感想、または大学の雰囲気などはどうですか?
現在、A3と言う中級クラスで授業は月曜日から金曜日の午前中にあり、週に20コマあります。クラスメイトは15人。そのうち日本人が4人、韓国人が9名、残りの2名がロシア人とタイ人です。
授業は口語、精読、ヒアリングの3つにわかれておりそれぞれ専門の先生が担当しています。精読の授業はベテランの先生が担当でわかりやすく、学生の理解度に合わせて話すスピードを速めたり遅めたり、とても丁寧に授業をしていただき、板書も学生のペースに合わせてくれています。
ヒアリングの授業はパワーポイントとテープを使用しての授業なのですが、まだ入学したてということもあり、ちょっと早く感じて書き写すのも少し大変です。
口語の授業はグループになってクラスメイトと会話をする形式の授業でけっこう楽しんでいます。
午後には選択科目もあり、HSK対策講座やビジネス中国語などもあったのですが、今は午前中の授業で余裕がないのでまだ受講していません。

【’08年9月東華大学A3-2班 時間割】
東華大学 A3-2時間割表


Q宿舎や食事などの生活面はどうですか?
宿舎は大学内留学生寮ではなく校外の外国人向けマンションである金都苑というところに宿泊しています。大学までは徒歩30分弱とちょっと時間はかかりますが、新しいので室内もとてもきれいでかつ広く、ルームシェアタイプなのですが、今、ほかのルームメイトがまだ誰もいない状況なので3LDKを一人で独占しています(笑)食事は、お昼は学食やレストランなどで済ますことが多く、夜はマンションの近くにスーパーもあるので極力自炊をするようにしています。

【金都苑についてはこちらを】


Q半年間の留学予定ですが今後は?
状況によっては留学を延長するかもしれません。東華大学では留学生同士の交流を促進するようなイベントが毎月行われていて、立地もよいので私にはとても合っている大学です。


Qこれから中国、東華大学へ来る方へのメッセージ
中国、東華大学に来てから早一ヶ月が経ちまだ戸惑いが多い毎日ですが、東華大学の中国語プログラムは充実しているため毎日勉強になっています。出席率、中間・期末テストなど成績にかかわる事を真剣に取り組んでいるので真面目に中国語を習いたい方にはいい大学だと思います。本科制の学生は服飾関係などが多いので、服飾・デザインなどに興味ある方も本科制の学生と中国語でかかわる機会も充実しています。東華大学で楽しい留学生活を送れると思います!

インタビュー実施日:2008年9月9日(移動中の車中にて)

上海方面オススメ大学 その1
すでに世界経済を牽引しているとも言われている中国。その中国の経済中心地である上海。
将来、中国語を使って、または日中間で仕事をしたい方にとって上海は留学先を検討する際に外せない地域ですね。
その上海の市中心部の近くにある東華大学は3号線:延安西路駅より徒歩5分の立地の良さ。近くには各国の大使館も集まっており治安も良いと評判。
オススメなのは立地条件だけでなくカリキュラム、イベントなどのソフト面が充実していること。クラス別けも他校はあまり見受けられない配慮で初級クラスでは以下3種類に分けられております。
①アジア班:読み書きは得意だがヒアリング、スピーキングが苦手な日本人他アジア人対象
②欧米班:ヒアリング、スピーキングは得意だが、漢字が苦手な学生向け。
③混合班:①と②の区別なくレベルに応じてクラスわけ。
留学生オフィスの先生もとても親しみやすく親切。
もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-717-806
メール:info@japan-china.org
東華大学詳細情報はこちら
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2008/10/10(金) 19:02:11|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/162-8e47ddda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。