中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国の料理と酒文化-中日比較の視点から-

こんにちは。
上海事務所の渡辺です。

洗濯機の水漏れにもエアコンの故障にも
超局地的な我が家だけの停電にもめげずにがんばっています。

上海に来て2週間ちょっと。
現地の状況をつかむため今日もキャリアアップ留学の授業に参加してきました。
今日の中国事情講座は復旦大学日本研究センターの徐静波老師に講義をしていただきました。
徐老師
中日の食文化について本も出している徐老師です。

実は徐老師は私がキャリアアップ留学1期生のときにも習っていた先生なので
とても懐かしい気持ちで授業を聴講していました。


本日の講義は「中国の料理と酒文化-中日比較の視点から-」のタイトルどおり
中国料理とお酒について発祥から各料理の特徴などについて学びました。
徐老師授業

みなさん、世界の麺の発祥地が中国だと言うことをご存知したか?
イタリアのパスタも日本のうどん、そばもルーツは中国にあるそうです。

中華の代表的な料理と言えば辛くておいしい四川料理ですが
その四川料理がもともと辛くないものだと言うことには驚きました。
辛くなったのは唐辛子が中国にわたってきたあとで歴史としては長くないそうです。

また日本料理としておなじみの豆腐も中国から伝わったとのこと。

では誰が日本へ伝えたのか気になりますね。

みなさん、分かりますか?

現在のように交通が発達していない、人の行き来が自由でなかった時代です。


正解はお坊さんです。

お坊さんが日本へうどんもそばもお豆腐も伝えたと言われています。

お坊さんの功績は大きいですね。

お酒については中国の代表的な白酒と紹興酒について学びました。

紹興酒はその色から中国では「黄酒」とも言われています。

お茶同様にお酒も中国各地で飲まれているものが異なるそうです。
北方では白酒を、江南地域では紹興酒が多く飲まれており、
上海人の先生は大学で北京へ行くまでほとんど白酒を飲んだことがなかったと話していました。
中国は広大ですからね。

キャリアアップ留学のお問い合わせは

フリーダイヤル0120-717-806

または

info@japan-china.org までお問い合わせください。


キャリアアップ留学詳細ページはこちらをクリックしてください。


表示されない場合は以下URLをアドレスバーへコピーしてください。

http://www.japan-china.org/ryuugaku/shangwu.aspx
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/04/14(火) 19:02:21|
  2. キャリアアップ留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/235-99767beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。