中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西洋医学から見た新型インフルエンザ

こんにちは。上海事務所の森です。

昨日のキャリアアップ留学中国事情講座は
虹橋の紅宝石路にある康聯医院に今年3月開設された日本部内科の徐祝潔医師をお招きし、
インフルエンザ、特に今回問題になっている新型インフルエンザについてお話を伺いました。

xiulaoshi.jpg

インフルエンザと風邪もどちらもウィルスですが、前者はA型、B型、C型と呼ばれ、風邪はライノウィルス、コロナウィルスなどがあります。一般的にインフルエンザの方が、症状が重く、感染力も強いとされています。

ワクチンには、パンデミックワクチンとプレパンデミックワクチンがあり、
タミフルは、前者。発病する前に飲んでも効果はありません。

主にウィルスの発芽を阻害する性質があり、症状が出てから48時間以内に服用すると効果があるといいます。

中医学医師の藤田先生同様、板藍根などの漢方薬は、インフルエンザに対しても効果があるとおっしゃっていました。

非常に判りやすく、説得力のあるお話に、留学生一同、いつになく真剣に聞き入っていました。
たまたま、徐先生の事は、スーパーシティ(フリーマガジン)の5月号に紹介されていますので、興味のある方はご覧下さい。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/22(金) 10:43:17|
  2. キャリアアップ留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/257-bf6325fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。