中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食は中国にあり!

皆さんこんにちは!
東京事務所の青木です。

今年秋からの留学が決まってもう準備を始めている方、留学について考え中の方、
今日は私が北京に留学していた時の食生活についてお話ししたいと思いますさとと-りんご

まずは1枚目の写真です。
食堂
私は北京師範大学に1年間留学していましたが、これは北京師範大学の食堂で撮った1枚です。
丸くて白いものは「饅頭」と呼ばれていて、中身のない肉まんのようなものです。
これがなんだか可愛くて私は食べる前によくつんつんつついていました。
中国東北部では饅頭を主食として食べることがあります。
スープは味のないトウモロコシのスープです。
おかずはセロリや茄子の炒め物です。
これ全部で10元(約150円)もしませんでした!
節約をしようと思っている方は学校の食堂がお勧めですよ^^


次の写真は中国のローカルレストランで撮った1枚です。
ローカルレストラン
すごい量ですよね!友達と2人で食べきりました!パチパチパチ(拍手)
手前が「ピータン豆腐」と日本でも人気の中華料理、「ホイコーロー」の丼ぶりバージョンです。
奥はじゃがいもの千切り丼です。(じゃがいもまでご飯の上にのっけてしまうとは・・・恐るべし中華)
全部で20元(約300円)くらいだったでしょうか・・・。
中華料理は1つのおかずの量が半端ではありません!お友達を誘ってみんなでワイワイ食べることをお勧めします☆


さて、次の写真は路上で焼いている焼串のお店です。
焼串屋
大きい道路の交差点ですが、夜になるとおもむろにおじさんがやってきて屋台の準備を始めます。
よく留学生仲間と食べに行きましたよ。
日本ではめずらしい羊肉を串にさして、中国の調味料をさささっと振って食べます。
これが絶品ですよ!私はビールをあまり飲みませんが、ビールの好きな人はおつまみに最適なんだと思います。しかし!北京オリンピックがあったためこのような屋台がかなり規制され、今ではあまり見られなくなってしまったそうです。もしあっても衛生面では「?」なので、胃に自身のある方はぜひ試してみたくださいね!


さて、最後の写真はやっぱり食べたくなる日本料理です。
日本料理
節約のため食堂通いの私でしたが、やっぱり2,3ヵ月に1度は食べたくなるんです!
特にお味噌汁の味が恋し~!久しぶりに口にするお味噌汁の一口目を口にした瞬間は天にも昇る気分です。
嬉しいことに北京師範大学の学区内には「一心」という日本料理屋さんがあります。
味はかなり日本のものに近いんですよ~。写真はランチのお寿司セットですが30元(約450円)くらいだったと思います。初めは生ものは避けていたんですがやはり誘惑に負けて買ってしまいました。
大都市には日本料理屋さんも沢山あるので、中華が合わないと思った方も心配ないですよ^^


いかがですか?中国での食事のイメージは湧いてきましたか?
まだまだ紹介したい料理はたくさんありますが、今回はこの辺でストップしますね。
ご飯に関して書き出すと止まらないので・・・^^;
皆さんも本場の中華料理を思う存分楽しんでください!

これからもスタッフブログをよろしくお願いします絵文字名を入力してください


スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2009/06/29(月) 15:37:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/280-7bd3a37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。