中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国での診察

こんにちは、大連事務所の于萍(ウヘイ)です。

今日は保険について話をさせていただきます ^^

皆さんは留学しようと決めてから、ほとんと海外保険に加入しますよね。

実際留学先で病気になっちゃったとき、どういうふうに治療を受けるか、中国の病院で診察を受ける流れはどうなるか、と心配がありますね。

これから私の実体験を話せていただきます。

この間長期生のお二人は相次ぐ病んでました。
一人はコンタクトレンズのウイルス感染で、もう一人は胃腸炎でした。(夏のせい~)

私は学生さんの電話をもらってから、すぐ**保険会社大連の担当さんと連絡を取れて、二人を連れて病院に行きました。

全過程はとても簡単で、良かったです。

最初、直接に病院のVIP室(豪華)に行って担当さんと待ち合わせます。
(普段は人がいっぱいの受付ところで待たなければなりません)

次、保険証を担当さんに出します(コピーして返します)。

それから問診表に症状を書いて(基本個人情報、患病部、どのぐらい病気になっているかなど)、看護さんに渡して、待ちます。

後ほど、先生は来ていただいて、すぐ隣の部屋で診察を行います。

診察する時に、私と保険担当さんはずっとそばにいて、通訳します。*○*

診察が終わってから、またVIP室に戻って、費用などを保険担当さんに任せます。

何分後、看護さんは薬を持ってきて、詳しい飲み方を教えます。

それで、病院の診察は完了です。

病院を出て、保険担当さんはタクシーで学生さんを学校に送ります。

全過程は30分だけで、並ぶこともないし、いろいろな窓口に行かなくても済むし、本当に楽です。

病院までの往復タクシー代、診察費、薬費など、全部保険担当さんは出しますので、本当のキャッシュレスです。

学生のお二人とも「保険に加入していてよかった」と言いました。

海外留学する時、急な体調不良や事後などが必ずないと言えませんので、ぜび海外旅行保険に加入してください。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2009/08/25(火) 17:04:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/299-a3e871d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。