中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【上海医療事情】

こんにちは。上海事務所の渡辺です。
自転車で怪我した両手の平の傷も大分治ってきました。

さて、本日は先週キャリアアップ留学で講義をした内容をご報告いたします。

9月末に予定しておりました「上海医療事情」ですが、諸事情により12月に振り替えとなりました。

今回はセント・ミカエル-St.Michael Hospital日本部部長の平川様に上海の医療事情をお話していただきました。

091204hirakawa.jpg

平川様は上海駐在歴10年以上の”中国通”。

上海の医療事情について詳しく知ることができました。

・日本人が中国で医師の仕事をするのに上海と北京で手続きが異なること。

・日経、外資系、ローカル病院の違い

・海外旅行保険について

・現地で事故になった際の対処法(救急車を呼ぶ際の注意点など)

・医療費の価格設定などなど

たくさんのテーマでお話いただきましたが
上海在住日本人の死亡率の第1位が「自殺」であることが一番驚きました。

講義当日朝に自転車から落ち怪我をしたので、
講義終了後、平川さまと一緒にお勤め先のセント・ミカエル-St.Michael Hospitalへ行く道中
この件をさらに詳しく聞きました。

こちらで働いている日本人の方は中国の事情が分からない日本本社と中国現地の間に立たされ、
精神的にまいることが少なくないようです。

私も3月末から上海事務所にて仕事をしておりますが、
留学や出張ではわからないことがたくさんありました。

上海に来て最初の3ヶ月は毎晩のように枕を濡らしていました。

上海での留学経験もあり、言葉も分かり、出張で何度も中国を訪れたことのある私でさえ、
精神的にまいることがあるのです。

海外で働くとはそれほど甘くないこと、
日本と違うことを中国で働く人にも日本本社の方たちにもぜひ知ってもらいたいと強く感じました。

ただその分、日本では学べないこと、経験できないことなどを上海では経験できますので、
必要以上に恐れることもありません。

上海で働く日本人の一人として、一留学カウンセラーとして
そうした事実を多くの人に知ってほしいと思い今回ちょっと私情を入れてブログを書きました。

一人でも自殺者が減るよう、心から切に願います。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/12/09(水) 13:00:46|
  2. キャリアアップ留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/358-84719666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。