中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三月の日中学生交流会

 こんにちは、上海事務所の劉恵麗です。

 日中学生交流会は、日本と中国の学生との交流を図る為に、先週金曜日復旦大学光華楼で開催していました。35名の学生とスターフが参加していただきました。

 司会者としての桃田さんと李さんの挨拶をしてから、学生たちの自己紹介をしました。自分の名前と留学先と出身地を一言で皆様に話ました。それから、A、B、C、Dのグループを分けて、文字書き取りの出題が始めました。一分の短い時間でごんべんなどのを書くのは確かに難しいですね。グループの中の友達から応援して、どんどんアイデアが出して、黒板の前の方が早めに一生厳命書き、その真剣な様子を皆さんに深いイメージで残りました。その時、中国人あるいは日本人という距離がなくて、皆さんが楽しく融合して、話し合って、両国の言葉と文化を勉強に行きたいという同じ目標からしっかり繋がりました。

 その後の尻文字書きはとても面白かったです。ボディー・ランゲージで表示して、グループ内の方はその意味をちゃんと理解して、言葉で答えます。これはお互いに協力するだけでなくて、以心伝心する必要があると思います。本当に笑いながらこのゲームをしていました。

 楽しい雰囲気に溢れて、次の借り物競争が始めました。グループの中の学生が日本人と中国人一人ずつペアとして外で物を借り、一番早く借りられるペアは優勝しました。その中の一番難しい借り物の出題はiPhoneを持っている復旦の学生です。これは探すには普通の町の中も少なくて、また、学生が復旦大学の学生証を持たなければなりません。これは無理かなとほとんどの方が想像しました。不思議には、この出題を持っているペアは二回の競争には一番早いスピードで帰りました。「教室から出て、すぐ一人のiPhoneを持っている復旦大学の女性が見つけました、すごくうれしかった」と学生が話ました。運がいいですね。生活の中いろいろなこともそうかもしれません。自分の期待よりもっと手に入れやすい時は確かに何よりも気持ちがよくなります。これも縁の一つだと思います。
222.jpg

 あっという間に二時間が過ぎてしまいました。いろいろな学生が集まって、もっともっとコミュニケションするような様子を見て、感心させられました。

 確かに、交流の意味は広いです。言葉ではなくて、文化と心くばりも一緒に伝えて、他人の理解を受けて、個人の喜びを皆さんに分かち合い、もっと多くの人が喜びます。言いたいことは深く理解して、チームとしての活力も生かされるでしょう。

 これからの交流会も期待しています。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/03/22(月) 15:41:39|
  2. キャリアアップ留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/393-9c08d082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。