中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月6日キャリアアップ授業

こんにちは、上海事務所の薛怡雯です。

昨日復旦大学で行われたキャリアアップ留学の中国事情の授業について紹介させていただきます。

今回の授業のテーマは「上海万博ワクワク攻略について」で、担当の先生は上海恒電広告有限公司(フリーマガジン「CHAMORE」発行)の佐久間世徳先生です。CHAMOREは人民政府新聞辮公室の依頼により、2010年上海万博の対日広報活動の委託を受けました。
今上海は万博熱で大変賑わっていることは言うまでもありませんが、いったいいつ頃に行けばいいのか、どこから見ればいいのか、何がお勧めなのか、何回ぐらい行けば大体全部見られるのか、それらの人々の一番関心している点について、上海万博プロとも言える佐久間世徳先生からお話していただきました。

1

佐久間世徳先生はまず自分の会社の背景を簡単に紹介してから、早速「上海万博ワクワク攻略」に入りました。会場案内、面積比較、予想導引人数参加国(パビリオン)などの上海万博基礎知識から、万博の位置づけ、上海万博トピックスなどについて、詳しく紹介してくれただけではなく、その裏話も聞かせてくれました。たとえば、会場は開園の直前までまだできていませんでしたが、信じられないほどのスピードで開園とほぼ同時に完成したという話とか、会場の中の南翔小籠包のお店のスポンサーは実は日本の会社だという話など、あまりにも案外なので、思わず「へぇー」と開いた口が塞がらない。

2

そして、いつ頃に行けばいいのかについて、佐久間世徳先生のお勧めでは、一番いいのは5月15日前の小雨の降っている朝10時以降頃がよさそうです。5月15日から上海市は一般の市民に無料チケットを配り始めるということからです。また開園は九時で、ほとんどの人7時8時頃出発するので、みんなとずれて10時以降に出発すれば、交通ラッシュをうまく避けることができるそうです。そして、基本的に3~4回行けば、見たいところはすべて見られますが、上海万博でも「皆勤賞」めざす山田外美代さんに見習いして、何回も行ってもいろいろな上海万博の顔が見られて面白いとお勧めです。「なるほど」と頷いていた学生たち。きっといい参考になったでしょう。

今回の授業を通して、ホット話題になった万博の情報が得られて、学生からは大変好評です。学生の中に行きたくなったという声が多く、それに「一回行って、もういやと思ってたんですけど、ダンゼンもう何回か行く気になりました」という学生もいました。佐久間世徳先生からもらった万博地図を手にわくわくしていたキャリアの皆さん、もう計画を立てているでしょう。
スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2010/05/11(火) 16:24:10|
  2. キャリアアップ留学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/417-43f1b950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。