中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

’08春:中国出張日記⑤ "学生食堂"

こんにちは。

東京事務所の渡辺@上海出張中です。

さて、今日は授業のことではなく、
こちらでの食生活について書いていきたいと思います。
(今日、中国経済講座を聴講しに行ったから
その内容を書くと思ったそこのみなさん!
今日はまだ書きませんよ!!)


なぜ授業の内容ではなく、生活について書くかというと
一つにはここ最近まじめに(?)留学プログラムの内容について
書いてきたので、ここら辺でちょっと違う方面の話もよいかなと。

実はもう一つ理由があり、
それは留学は決して”勉強”だけではないと言う事をお話したかったので
今日はこのテーマで書いていきます。



それはわが社の代表である李がよく話す言葉

「留学は半分が勉強、半分は生活である」

の通り、”留学”とはそこに留まって学ぶことであります。

旅行とは違い、生活することによって見えてくる文化や習慣の違いなどもまた
とても大事な勉強だと思います。



生活といってもアバウトすぎるので今回は私の得意分野である”食事”について
お話したいと思います。


こちら中国では日本と比べるとまだ物価が安く、
学食であれば1回5-6元(日本円で100円ほどですね)で
お腹いっぱい食べれます。

例えばこのショウロンポウ
ショウロンポウ


復旦大学北区にある学生食堂(2F)で食べれるのですが、
値段がなんと!
10個も入っていて4元!!!
しかも肉汁たっぷりでジューシー。
学食にショウロンポウがあるなんて本当幸せ♪
留学中もよく食べたものです。

ちなみに学食はこんな感じです

復旦学食


キャリアアップ留学生が勉強している復旦大学では留学生用の食堂はなく、
中国人学生と同じ食堂を利用し、ランチをとったり、お茶をしたりしています。
(私は留学中、中国人の友人とランチ相互学習をしておりました)
またこちらの人は食事の時間が日本より早く、
ランチであれば11時半から12時がピーク、
12時半ともなるとほとんど人がいません。

夕飯も18時にはもう食べてますね。


あ、気がつけばかなりブログの量が多くなってきたので
この続きは別の機会に書きます。

スポンサーサイト
[PR] 台湾師範大留学
  1. 2008/02/28(木) 18:48:43|
  2. 留学生・留学生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://japanchinaccc.blog29.fc2.com/tb.php/51-8eff2a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。