中国留学サポーターブログ

中国留学を全面的にサポートする、日中文化交流センターのスタッフブログ。プログラムの紹介や、中国現地のリアルタイム情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾師範大留学
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【詳細決定!】短期語学研修 翔飛中国15

お待たせしました!

毎回、参加者の方から大好評をいただき、ひそかなリピーターも多い、日中文化交流センターの一押しプログラム、中国短期留学の決定版!

短期語学研修 翔飛中国

2009年春出発の詳細が、決定いたしました!
今回でなんと15回目を迎え、いまや日本最大級の中国短期留学プログラムです。

翔飛中国15は、ついに、皆様の声にお答えし、大連コースを新設!
美しい町並み、きれいな発音、親日的な雰囲気、おいしいシーフード。
毎回好評の北京、上海とあわせて、ぜひ、大連にもご注目ください。

翔飛中国の特徴は、ざっと挙げるだけでも以下の通りです。
他のプログラムと比較してみてください!

・フリータイム以外の全行程、食事つき!
 ⇒参加費が少し高くても、結果的には断然お得なのです

・北京語言大学、上海復旦大学での授業。大連は名物教師によるグループレッスン
 ⇒授業は全て、オリジナルクラスを編成。

・充実のアクティビティ 
 ⇒文化講習、観光、現地学生との交流会なども、全て料金内です。

・日中文化交流センターの直営オフィスによる現地サポート 
 ⇒安心、安全。多くの大学のお仕事をお手伝いしています。

・選べるコース設定
 ⇒休みの予定やご予算に合わせて、滞在都市や期間をフレキシブルにチョイス。

春休みに旅行を考えている学生さん。卒業旅行をどこにしようか迷っている方。中国語を勉強していて、ちょっと現地に行ってみたいな、という方。長期留学を考えていて、お試しで中国に行ってみたい方。少し長めのお休みが取れた社会人の方。お時間に余裕のあるシニアの方。

短期語学研修 翔飛中国には、さまざまな方が参加され、修了後も交流の機会を設けています。

もう、この春は、翔飛中国で決まり!です。

詳しい資料はこちらからご請求ください。
お問い合わせは、フリーダイヤル0120-717-806
または info@japan-china.org までお気軽にどうぞ。

無料カウンセリング実施中です!
皆さまのご参加を、心よりお待ち申し上げております。

[PR] 台湾師範大留学

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/11/18(火) 22:02:53|
  2. プログラム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国短期語学研修スタート!

東京事務所の恩田です。

昨日、短期語学研修「翔飛中国」第14期がスタートし、参加者の皆さんは国内各地の空港から一路、上海を目指しました。
今回は、同志社大学の中国短期研修の参加者も、ほぼ同じ日程でお世話をさせていただきます。

最長で4週間の、中国の旅のスタートに、皆さん今頃、胸を躍らせていることでしょう。
(今日の午前中はクラス分けテストだったので、皆さんそれどころじゃないかも。。。)

これから、平日の午前中は中国語の授業。午後は文化研修や観光。土日も盛りだくさんの日々が続きます。
中国のいいところ、悪いところ。自分の目で確かめられるのは、素晴らしいことです。

皆さんの研修の成功を、東京の空から、お祈りしています。

[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/08/21(木) 13:06:35|
  2. プログラム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

翔飛日本4期生経過報告

東京事務所の恩田です。

2008年日中青少年友好交流年認定事業の

「翔飛日本」。

中国全土より、合計130名弱の優秀な大学生を日本に受け入れ、順調にスケジュールが進んでおります。

7月24日は、同志社大学ビジネス研究科のご協力を頂き、模擬MBA授業と学生交流会を催していただきました。模擬MBA授業は英語をベースに進められましたが、さすがに中国の名門大学の学生だけあって、ほとんどの学生が内容をしっかりと理解していたようです。

日本の大学生も、負けてはいられないですね。。。

第一班は金曜日に無事帰国し、第二班は現在東京滞在中。
土曜日からは早稲田大学日中ビジネス推進フォーラムの講義も開始され、暑い東京で、充実した研修生活を満喫してもらえることと思います。

今回は複数の会社、学校、NPO法人などがこのプログラムに興味を持ってくださり、見学の希望などもたくさん頂いております。

日本人がもっと知らなくてはいけない中国があるのと同様に、中国人にもっと知って欲しい日本があります。

「翔飛日本」「翔飛中国」をはじめとする様々なプログラムを通して、相互理解と友好発展につとめられるよう、思いを新たにしました。


[PR] 台湾師範大留学

テーマ:語学・国際交流 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/27(日) 13:13:08|
  2. プログラム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上海で高校留学

東京事務所の恩田です。
今日は、中国への中学、高校留学のお話を。
先週、主に華人の方が読まれる「中文導報」という新聞に、わが社が日本での窓口になっている

復旦大学付属中学校国際部

の記事を載せていただきました。

とたんに、東京事務所には多くのお問合せをいただき、沢山の方にご案内を差し上げています。

復旦大学付属中学校国際部」は、上海一の名門と言われる「復旦大学」の付属で、日本で言うところの中学、高校過程の6年間を学ぶ場所です。
教学レベルにはもちろん定評があり、卒業者の多くは、中国の超名門大学の本科に留学したり、母国に帰国して母国の大学に進学したりしています。

近年の日中両国の関係強化を受け、欧米などと同様、中学、高校で留学をする「早期留学」の渡航先として、中国もにわかに注目をされだしました。復旦大学以外にも、多くの学校で日本からの早期留学生を受け入れています。

若いうちから、英語以外にも外国語を学ばせようと言う親御さんの意識は高く、その上、高校としての教学レベルも高いとなれば、取り立てて驚くような流れではないと言えるでしょう。

そのような状況の中、急速な拡大も背景にはあるのでしょうか、実は少々、残念な事態も上海では発生しています。

日本人も多く受け入れている某校で、学生さんの管理が行き届かず、校内暴力などの不良化が進んでいると言う噂があるのです。実は、その某校から、復旦大学付属中学校に転校したいと言うお問合せも多数いただいています。

留学生とは言え、まだまだ中高生ですから、送り出した先の管理体制がしっかりしていないと、親御さんも心配でしょう。と言うよりも、きちんとしたサポート体制を構築し、学生さんの留学成功のお手伝いをするのは、我々留学サポート会社の当然の使命といえます。

復旦大学付属中学校には、日中文化交流センターの専属スタッフが常時2名体制で、学生さんの相談に乗ったり、補習のお手伝いをしたりと言ったサポート業務に従事しています。責任者は日本の永住権も持っている在日経験の長いスタッフで、ちょうど学生さんと同じ世代の子供がいるので、学生さんの気持ちもよく分かるようです。

「送り出してそれで終わり」と言った、単なる留学斡旋や留学紹介に甘んじたくはないと、スタッフ一同、日々思っています。


[PR] 台湾師範大留学

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

  1. 2008/07/06(日) 11:21:03|
  2. プログラム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PASONA訪問

東京事務所の恩田です。

本日、日中文化交流センターが上海の復旦大学と共同で運営している「キャリアアップ留学」で提携関係にある、PASONAさんを訪問してきました。
PASONAさんは主に、キャリアアップ留学の修了生が中国で就職される際のお仕事を紹介や、中国での就業事情などの講座も担当してくださっています。

前回東京で開催した、中国留学説明会では、特別ゲストとして、PASONAグループの相原執行役員に、中国でのキャリア形成をテーマに講演をしていただきました。

中国語が出来るようになったからといって、誰でも簡単に就職が出来るわけではない。大切なことは、高い意識を持つことと、言葉だけではなく、中国人の考え方や、文化の背景を理解できるように努力することだ、と言う、相原執行役員のご意見には、深く賛同します。

幸い、この夏の出発で8期を迎える「キャリアアップ留学」には、大変まじめな、意識の高いかたがたや、企業からの派遣の方などが多数参加され、PASONAさんのお力添えもあり、OBも各方面で活躍しています。

留学そのものが決して珍しいものではなくなってきていて、語学留学の経験だけでは大きな武器にならなくなってきている昨今、大切なことは、きちんとした目的意識を持ち、その目的にあわせたプログラムを選択するだけの事前準備、情報収集だと、改めて感じています。

[PR] 台湾師範大留学

テーマ:中国留学 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/05/28(水) 18:10:40|
  2. プログラム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。